看護師が病院内で一緒に働くスタッフ

看護師は病院の中で様々な専門性をもった人と一緒に仕事することがほとんどです
一番多いのは良いの中で病院内でメインで治療行為をしているお医者さんですね
医師と協業して患者さんの治療にたいして向かうことで患者様の病態をより早く回復に向かわせることができます。
そして そのほか 一緒に働いているスタッフとしては看護助手があります
看護師はナースエイドとか あるいはケアワーカー と呼ばれることもあります
看護助手とは 資格を取っているわけではありませんから 患者さんへの手当とかあるいは何か医療行為をすることは出きません。
患者さんに対しての医療行為をすることはできないのですが、患者さんの手助けや看護師の手助けをすることはできますので、そのために病院内で一緒に働くことになります。
例えば、患者さんの 食事の手助けであったり、あとはトイレの手助け、入浴の手助けをすることが出来ます。またベッド清掃、ルーム清掃なども行っています。といっても中小規模の病院であれば、看護助手はおらず、上記のような業務はすべて看護師が行っていることが多いですけどね。
また次に看護師が一緒に働いてるスタッフとしては 各種の療法士があります 具体的には 理学療法士 あるいは 作業療法士 そして 言語聴覚士などがいます。これらのスタッフはリハビリの専門家と言われています 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士とそれぞれを担当する分野がちがいますが 各種の分野で専門性を発揮しながら患者さんの退院に向けてリハビリをすることになります。
また他のスタッフとしては薬剤師であるとか 後は栄養士、放射線技師がいたりします
こうしたスタッフと一緒に看護師は病院内で働いているのです。