看護師と医師とが連携することの大切さ

看護師は仕事するときに誰と一緒に仕事してるかというと 言うまでもなく医師と一緒に仕事をしています。
そして 看護師が医療行為するときは医師の指示にしたがって必要な医療行為することになります
例えば注射を打つとか、あるいは患者さんに点滴をするなどです。
ということをきくと、看護師は医師 のいった通りにしか語ことはできないのかなと
思うかもしれませんが 実際のところは そんなことありません
看護師が医師の指示をずっと待ってるとか、指示待ちで動いている ということはありえないからです
病気をどのように治療するかについて一番くわしいのはもちろん医師のですが
患者さんに対して一番長く接しており、患者さんについての状態を一番よく把握しているというのは たいていの場合は看護師なのです
だから看護師が患者さんの様子を観察して 何か気になる点があれば それを医師に報告します
医師の方は その報告内容を聞いて後は自分の知識と経験でもって 次のアクションを考えます
つまり 医師の知識だけでも患者さんを治療していくのではなく、看護師のケアだけで患者さんを治療していくのでもない、医師と看護師が力をしながら 一緒に 患者さんの回復に向かってアクションを撮ってことで 患者さんにとって最適な医療サービスを提供できるコトになるのです。
そうした意味では病院のなかで看護師が果たす役割というのは患者さんの状態の回復にとっては とても重要なものです