夜勤専従の看護師の職場を探す

夜勤専従看護師とはその名の通り、もっぱら夜勤業務のみに携わる看護師のことです。
看護師は72時間ルールなど当てはめて行くと結局夜勤労働する看護師がどうしても不足事態に陥ってしまうようですね。
そして、現在結構夜勤専従看護師がいいという人たちも多いようです。
病院側としても夜勤をする看護師がいなければ仕事を回すことができませんので、「夜勤だけが希望」という看護師は歓迎できるのです。
そして看護師側からみても、夜勤専従で働くということは効率的に給料を得ることの出来る一つの方法です。
実際に夜勤専従看護師なら10日程度で月給30万円稼ぐことも可能と言われているのです。
そして、医療事務の中には非常勤でなくて、常勤の夜勤専従看護師を置くケースも最近では増えているようです。
常勤の夜勤専従看護師なら、今までもらうことの出来なかったボーナスだってもらうことが出来てしまうのです。
しかし、夜勤専従看護師に注意しなければならない点は、本当にそれが夜勤専従看護師なのかしっかりチェックをする必要があるのです。
実際に夜勤専従看護師と書かれてあれるものの中には、シフトの都合によって昼間中に入ってと指示されるケースもあるようですよ。
実際にそれは常勤看護師と何ら変わらないという実体です。
夜勤専従看護師にメリットを感じる人たちも最近多いようです。
ならば、ここは夜勤専従看護師オンリーに徹さない限りその魅力は追求出来ないでしょう。

訪問入浴看護師の仕事について

看護師の求人に訪問入浴と言う仕事があります。
子育て中のママさんナースなど、1日のうちに短時間だけしか働くことができない看護師や、1週間のうちに数日しか働くことができない看護師、または子供の用事で休みが多くなりがちな看護師には人気の仕事の1つです。では訪問入浴の仕事とはどのような仕事なのでしょうか。

訪問というからには患者さん宅に行き、患者さん宅で看護をすることになります。在宅医療をしている患者さん宅に行って、訪問看護をするケースがありますが、それよりも患者さんの具合としては軽い場合がほとんどです。

仕事の内容は、ヘルパー2人と入浴車で患者のお宅を訪問することから始まります。看護師は患者のバイタルチェックをして、着衣を脱がせます。その間ヘルパーは、浴槽の準備をします。看護師1人だけで作業をするのではなくてヘルパーもいるということで精神的に助かる部分が多いです。もちろんヘルパーの方はヘルパーの仕事しかできない訳で、看護師の仕事は看護師が一手に引き受けるのは当然ですが、患者さん宅に複数人で訪問するというところに少なからずの安心感があるのです。

そして、ヘルパーと患者を抱えて、浴槽に入れます。ヘルパーが洗髪をするので、身体を洗うのを介助します。そして再び抱えて、ベッドに戻し、必要な処置をして衣服を着せます。
最後に健康状態に問題がないか、バイタルを測定して終了です。だいたい一件40分くらいでしょうか。移動時間が長いのですが、その分休憩も多く取れます。

慣れてくると楽しい仕事です。何より患者さんから「ありがとう」と感謝の言葉を言ってもらえるので、やりがいを感じます。

看護師が病院内で一緒に働くスタッフ

看護師は病院の中で様々な専門性をもった人と一緒に仕事することがほとんどです
一番多いのは良いの中で病院内でメインで治療行為をしているお医者さんですね
医師と協業して患者さんの治療にたいして向かうことで患者様の病態をより早く回復に向かわせることができます。
そして そのほか 一緒に働いているスタッフとしては看護助手があります
看護師はナースエイドとか あるいはケアワーカー と呼ばれることもあります
看護助手とは 資格を取っているわけではありませんから 患者さんへの手当とかあるいは何か医療行為をすることは出きません。
患者さんに対しての医療行為をすることはできないのですが、患者さんの手助けや看護師の手助けをすることはできますので、そのために病院内で一緒に働くことになります。
例えば、患者さんの 食事の手助けであったり、あとはトイレの手助け、入浴の手助けをすることが出来ます。またベッド清掃、ルーム清掃なども行っています。といっても中小規模の病院であれば、看護助手はおらず、上記のような業務はすべて看護師が行っていることが多いですけどね。
また次に看護師が一緒に働いてるスタッフとしては 各種の療法士があります 具体的には 理学療法士 あるいは 作業療法士 そして 言語聴覚士などがいます。これらのスタッフはリハビリの専門家と言われています 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士とそれぞれを担当する分野がちがいますが 各種の分野で専門性を発揮しながら患者さんの退院に向けてリハビリをすることになります。
また他のスタッフとしては薬剤師であるとか 後は栄養士、放射線技師がいたりします
こうしたスタッフと一緒に看護師は病院内で働いているのです。

看護師と医師とが連携することの大切さ

看護師は仕事するときに誰と一緒に仕事してるかというと 言うまでもなく医師と一緒に仕事をしています。
そして 看護師が医療行為するときは医師の指示にしたがって必要な医療行為することになります
例えば注射を打つとか、あるいは患者さんに点滴をするなどです。
ということをきくと、看護師は医師 のいった通りにしか語ことはできないのかなと
思うかもしれませんが 実際のところは そんなことありません
看護師が医師の指示をずっと待ってるとか、指示待ちで動いている ということはありえないからです
病気をどのように治療するかについて一番くわしいのはもちろん医師のですが
患者さんに対して一番長く接しており、患者さんについての状態を一番よく把握しているというのは たいていの場合は看護師なのです
だから看護師が患者さんの様子を観察して 何か気になる点があれば それを医師に報告します
医師の方は その報告内容を聞いて後は自分の知識と経験でもって 次のアクションを考えます
つまり 医師の知識だけでも患者さんを治療していくのではなく、看護師のケアだけで患者さんを治療していくのでもない、医師と看護師が力をしながら 一緒に 患者さんの回復に向かってアクションを撮ってことで 患者さんにとって最適な医療サービスを提供できるコトになるのです。
そうした意味では病院のなかで看護師が果たす役割というのは患者さんの状態の回復にとっては とても重要なものです