求人探しでは何に焦点を当てるのかをはっきりさせる

看護師の求人を探すうえでは、自分が何を重視して求人を探すのかというのは、はっきりとさせておく必要があります。これがぼやけてしまうと、求人探しでもぶれてしまって、結局効率の悪い転職活動になってしまいます。
この条件と言うのは、人によって異なります。あるエリアで働きたいという希望を持つ方もいれば、給与条件の良いところで働きたいという看護師もいます。また、残業が少ないところを希望するという方もいます。例えばあるエリアで働きたいという希望を第一に考えるのであれば、病院だけに求人を絞るのではなく、病院以外の場所の求人情報も集める方が、自分の希望するエリアでの求人を見つけやすくなるのは言うまでもありません。この辺り、何にフォーカスを当てて求人を探すのかということは、はっきりとさせておくことが大切です。

といってもそれだけでは、求人情報を集めていくのはなかなか難しい事です。あるエリアに限定して求人を探す、、、として範囲を限定したとしても求人探しには時間がかかるものです。
看護師として日々、普通に働きながら転職活動を行うという人が多いと思いますが、働きながらだと多忙さから、自分が当初考えていたように求人探しが進まないということが結構あるのです。一人で転職活動を行うというのは、それなりに勤務環境や生活環境が恵まれているということも必要になってくるのです。そうした場合は、転職サイトへ登録して、転職サイトのコンサルタントと一緒に転職活動をすることがおススメです。

訪問入浴看護師の仕事について

看護師の求人に訪問入浴と言う仕事があります。
子育て中のママさんナースなど、1日のうちに短時間だけしか働くことができない看護師や、1週間のうちに数日しか働くことができない看護師、または子供の用事で休みが多くなりがちな看護師には人気の仕事の1つです。では訪問入浴の仕事とはどのような仕事なのでしょうか。

訪問というからには患者さん宅に行き、患者さん宅で看護をすることになります。在宅医療をしている患者さん宅に行って、訪問看護をするケースがありますが、それよりも患者さんの具合としては軽い場合がほとんどです。

仕事の内容は、ヘルパー2人と入浴車で患者のお宅を訪問することから始まります。看護師は患者のバイタルチェックをして、着衣を脱がせます。その間ヘルパーは、浴槽の準備をします。看護師1人だけで作業をするのではなくてヘルパーもいるということで精神的に助かる部分が多いです。もちろんヘルパーの方はヘルパーの仕事しかできない訳で、看護師の仕事は看護師が一手に引き受けるのは当然ですが、患者さん宅に複数人で訪問するというところに少なからずの安心感があるのです。

そして、ヘルパーと患者を抱えて、浴槽に入れます。ヘルパーが洗髪をするので、身体を洗うのを介助します。そして再び抱えて、ベッドに戻し、必要な処置をして衣服を着せます。
最後に健康状態に問題がないか、バイタルを測定して終了です。だいたい一件40分くらいでしょうか。移動時間が長いのですが、その分休憩も多く取れます。

慣れてくると楽しい仕事です。何より患者さんから「ありがとう」と感謝の言葉を言ってもらえるので、やりがいを感じます。

看護師の求人を探すのにネットを利用することが増えてきた

看護師として転職を検討(最近は特に増えていると聞きますね。職場環境が悪くなって辞めてしまう看護師が増えている一方、良い職場を維持しているために看護師が集まりやすい職場があったりと両方に分かれているような状況だと聞きます)している方は、どのような転職活動(転職活動というのは結構エネルギーが必要なものです。転職活動をするというのは通常の活動エネルギーに加えてさらに職場を探すというハードな行動が必要となるので大変疲れるのです)を行っているのでしょうか。
一般的な転職活動、つまり多くの看護師が取っている転職活動の方法としてですが、インターネットの求人サイトの利用が多いようです。最近ではネットを利用していない人の方が少ないと言われていますので、この辺りの傾向は納得がいきますね。特に最近はスマホで外出先でもネットにつなぐことが容易くなりましたんで、特にネット依存率が高いようです。スマホだけではなく、iPadやNexusなどのタブレットを利用している人も増えていますからね。あとは新聞の折込広告(これは昔からある媒体ですね)、フリーペーパー(地域によってあったりなかったりですが、都市部ではフリーペーパーに求人が載っているということはよくあることです。フリーペーパーを入手しやすい環境かどうかによっても利用率は分かれてくると思います)から求人情報を集める(ただし個人では限界があるという部分も無視できないですが)といった事が挙げられます。

看護師として仕事に悩むとき

看護師として働いていると 自分の無力さを感じることがよくありますと言います。
これは看護師の限界 というよりも 医療としての限界の部分も多いと言えるのかもしれませんが。。。
例えば夜ナースコールで患者さんから呼ばれたときに患者さんが身体に痛みを感じていたとします。そこで痛み止めを使うことができればば良い良いのでしょうけども 患者さんはついさっき痛み止めを飲んだばかりであるとすると 痛み止めもあと1、2時間飲むことができないですから 看護師はどうすることもできないわけです
看護師というよりも医療としての限界という部分ありますが 看護師としてどうすることもできない自分に対して無力感を感じることもあるのです。そんな時に患者さんに対してできることしては優しい声をかけてあげる事、あるいは患者さんの身体をさすってあげることぐらいかもしれません
しかしながら 忙しい病院ではそうしたことすら時間的にままならないかもしれません
痛みにたいしてゆっくり体をさすってあげてると 「ひとりの患者に対してそんなに時間を取れない」と他のスタッフから怒られてしまうこともあります。
残念ながら、目の前で苦しんでいる患者さんに対して、よりそってあげることもできない、という環境も少なくないのです。
人によっては、割り切ることが苦にならない人もいますが、反面、人によっては、「看護師って何なのか?」と葛藤を感じてしまう人もいるかもしれません。
環境が問題なのか あるいは自分の割り切りの不味さは問題なのか それはすぐに結論が出る問題ではありませんが、どうしても環境が自分に合わないそう考えるならば一度と環境を変えてみるというのも1つの方法なのかもしれません。

看護師が病院内で一緒に働くスタッフ

看護師は病院の中で様々な専門性をもった人と一緒に仕事することがほとんどです
一番多いのは良いの中で病院内でメインで治療行為をしているお医者さんですね
医師と協業して患者さんの治療にたいして向かうことで患者様の病態をより早く回復に向かわせることができます。
そして そのほか 一緒に働いているスタッフとしては看護助手があります
看護師はナースエイドとか あるいはケアワーカー と呼ばれることもあります
看護助手とは 資格を取っているわけではありませんから 患者さんへの手当とかあるいは何か医療行為をすることは出きません。
患者さんに対しての医療行為をすることはできないのですが、患者さんの手助けや看護師の手助けをすることはできますので、そのために病院内で一緒に働くことになります。
例えば、患者さんの 食事の手助けであったり、あとはトイレの手助け、入浴の手助けをすることが出来ます。またベッド清掃、ルーム清掃なども行っています。といっても中小規模の病院であれば、看護助手はおらず、上記のような業務はすべて看護師が行っていることが多いですけどね。
また次に看護師が一緒に働いてるスタッフとしては 各種の療法士があります 具体的には 理学療法士 あるいは 作業療法士 そして 言語聴覚士などがいます。これらのスタッフはリハビリの専門家と言われています 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士とそれぞれを担当する分野がちがいますが 各種の分野で専門性を発揮しながら患者さんの退院に向けてリハビリをすることになります。
また他のスタッフとしては薬剤師であるとか 後は栄養士、放射線技師がいたりします
こうしたスタッフと一緒に看護師は病院内で働いているのです。

看護師と医師とが連携することの大切さ

看護師は仕事するときに誰と一緒に仕事してるかというと 言うまでもなく医師と一緒に仕事をしています。
そして 看護師が医療行為するときは医師の指示にしたがって必要な医療行為することになります
例えば注射を打つとか、あるいは患者さんに点滴をするなどです。
ということをきくと、看護師は医師 のいった通りにしか語ことはできないのかなと
思うかもしれませんが 実際のところは そんなことありません
看護師が医師の指示をずっと待ってるとか、指示待ちで動いている ということはありえないからです
病気をどのように治療するかについて一番くわしいのはもちろん医師のですが
患者さんに対して一番長く接しており、患者さんについての状態を一番よく把握しているというのは たいていの場合は看護師なのです
だから看護師が患者さんの様子を観察して 何か気になる点があれば それを医師に報告します
医師の方は その報告内容を聞いて後は自分の知識と経験でもって 次のアクションを考えます
つまり 医師の知識だけでも患者さんを治療していくのではなく、看護師のケアだけで患者さんを治療していくのでもない、医師と看護師が力をしながら 一緒に 患者さんの回復に向かってアクションを撮ってことで 患者さんにとって最適な医療サービスを提供できるコトになるのです。
そうした意味では病院のなかで看護師が果たす役割というのは患者さんの状態の回復にとっては とても重要なものです